映画「鬼滅の刃」無限列車編は単行本の第何巻に載ってる話?

映画「鬼滅の刃-無限列車編」が始まりました。

映画「鬼滅の刃-無限列車編」原作は、マンガのどの巻に載っている話だろう?

↓↓↓それはこちら。単行本第7巻と第8巻です。↓↓↓

kindleにダウンロードするとすぐ読めます。

鬼滅の刃 7 (ジャンプコミックスDIGITAL)

“柱”の一人、しのぶの計らいで戦いの傷を癒し、全集中・常中を会得した炭治郎たち。そして新たな指令で”無限列車”に乗り込む一行は、炎柱の煉獄と共に、列車に潜む鬼を退治する! だが、それは鬼が作り出した夢の中の出来事で、炭治郎たちは夢にとらわれてしまう!! この窮地から抜け出す道はあるのか!?
紹介文:Amazonより抜粋

鬼滅の刃 8 (ジャンプコミックスDIGITAL)

眠り鬼・魘夢にヒノカミ神楽「碧羅の天」を放った炭治郎の戦いの顛末は!? さらに、炭治郎一行の下に現れたものの正体とは!? そしてついに炎柱・煉獄杏寿郎が動く。その強き者の口から語られる言葉の先に炭治郎が見たものとは!?
紹介文:Amazonより抜粋

正確には、単行本7巻の第54話「こんにちは煉獄さん」から単行本8巻の第69話「前へ進もう少しずつで構わないから」までになります。

無限列車編最後のセリフ

「無限列車編」最後の第69話「前へ進もう少しずつで構わないから」で、最後に炭治郎がいう台詞がこちら。

「足掻くしかない」
「今の自分ができる精一杯で前に進む」
「どんなに苦しくても悔しくても」

「そして俺は 杏寿郎さんのような強い柱に」

「必ずなります」
出典:吾峠呼世晴『鬼滅の刃』第69話

自分の道を歩き続ける決意を感じさせるラストの台詞でした。

「鬼滅の刃」全巻セットはこちら

鬼滅の刃 (全22巻)Kindle版

kindleならスマホでどこででも読めるから、映画を見る前の予習や、見た後の原作との違いをチェックするのにも便利ですよ。

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA