トランプ大統領が持つ「核のボタン」とは。核ミサイル発射までの手順。

今日「核のボタン」の引き継ぎが行われる

大統領の傍らに常に付き従う軍人が持っているカバンに、いわゆる「核のボタン」(核のフットボールと呼ばれている)が入っている。
2017年1月20日正午にオバマ大統領からトランプ新大統領に「核のボタンの」引き継ぎも行われる。

このフットボールが入るぐらいの大きさのカバンの中に、こんなボタンが入っている。

というのは冗談で。

中に入っているのは、手帳・リストの紙・手引書・カードの4種の物だ。

攻撃の選択肢の一覧を記した黒い手帳、大統領が避難できる掩ぺい壕のリスト、緊急警報システムの使用に際しての手引書、そして大統領の本人確認のために使う認証コードを記載した小さなカードだ。

http://www.cnn.co.jp/fringe/35088327-2.htmlより

このカバンは必ず大統領と同伴することになっていて、昨年のオバマ大統領が広島を訪問した時にも後ろに待機していた軍人が携帯していた。
このように核ボタンが一番似つかわしくない場面においても常に傍らに存在している。

テレビニュースでも解説されていた。

核ミサイルの発射までの手順

世界を破滅させるほどの威力を持つ核ミサイルはどのような手順で発射されるのか? – GIGAZINE

前述したとおり、大統領のカバンには発射”ボタン”は入っていない
ミサイルの発射ボタンは発射基地にあり、管制官が操作する。

では、どのような手順でミサイル発射となるのか?
核攻撃までの手順をシミュレーションしてみる。

1、大統領と補佐官の協議

まず有事において大統領は補佐官と事態の対策を協議する。
その時に使われるのが黒い手帳だ。
巡航ミサイルから大陸間弾道ミサイルまで色々な手段について書かれている。

2、発射基地にパスコードを送信

攻撃が決まったら大統領は決まった通信機器を使って発射基地に大統領パスコードを送る。
カバンの中に入っているカードに書かれたコードだ。

ちなみに、歴代大統領でカードをカバンに入れずにポケットに常時携帯していた大統領が2人いた。
カーター大統領とレーガン大統領である。

3、受信したパスコードを2人の職員が書き留める

2人の職員が受信したコードを書き留めて、2人で確認する。

4、書き留めたパスコードを2人の職員が確認する

2人の職員がそれぞれ自分しか知らないパスコードで閉じられた引き出しを開ける。
中には7枚のカードが入っていて、カードに書かれたパスコードと大統領から受信したパスコードが一致すれば、正式な命令と承認されて発射態勢に入る。

5、2人の職員で同時に鍵を刺す

この後は映画でよくある、「2人で同時に鍵を回す」手順に入る。

セキュリティのために、1人で出来ないように手が届かない距離に2つの鍵穴は付いている。

2人で同時に鍵穴に鍵を差し込む。
2人の鍵のタイミングのずれは2秒以内でないといけない。

最後に、ダイヤル鍵を解除してミサイル発射へ

最終安全装置がアルファベット6個のダイヤル鍵だ。

これが本当に最後の安全装置である。

6桁のダイヤル式ロックを解除してはじめてミサイル発射攻撃体制となる。
各ダイヤルには16個のアルファベットがついていて、組み合わせは1700万通り。

先ほど2人で刺した鍵を回して、5秒間回した状態を保つ。

2人で回す鍵のロックを解除してしまうと、もう取り消しはできない。

ロックが正常に解除されると、緑のランプが点灯する。
その後、発射ダクトの扉が開き、核ミサイルの発射へと自動的に進む。

緑のランプの点灯が第3次世界大戦の開始サインだ。

大統領は人類滅亡の決断を迫られる時がある

悲しい現実だが、大統領の決断で人類が滅びるかが決まってしまう。

CNNの記事にもあるように責任の大きさを自覚している人が大統領にならなくてはいけないと思う。

同氏は「大統領の決断の影響はグロテスクなまでに大きい。地球の姿を変え、人間や人類のあり方を一変させる可能性もある」と指摘。「職務に就いている間はその重要性について考えないようにしていると思う。だが、いざという来れば決断を下す用意はできている」と述べる。

http://www.cnn.co.jp/fringe/35088327-2.htmlより

現在はトランプ大統領がその責任を預かっている。

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA