逮捕と書類送検の違いについて調べてみた

逮捕

警察が容疑者の身柄を拘束することを逮捕といいます。
逮捕後は原則48時間以内に送致(書類送検)しなければなりません。

しかし、捜査の時間を十分にとりたい時で、逃亡や証拠隠滅のおそれが無い時は、逮捕せずに書類送検をします。

書類送検

そもそも、書類送検という言葉はマスコミ用語です。
法律的には「送致」「検察官送致」と言います。
捜査資料を検察官に送致することを書類送検と言って報道しています。

警察が逮捕しないで捜査をして、書類を検察官に送る事です。

送致後

検察官が起訴をするか不起訴にするか略式罰金にするかを決めます。
不起訴には3種類あります。
「嫌疑無し」…犯罪の疑いが晴れた
「嫌疑不十分」…犯罪の疑いは完全には晴れないが、裁判で有罪にするのが難しい
「起訴猶予」…有罪にできそうでも、境遇や示談の状態や罪の重さを検察官が判断して不起訴にできる

略式罰金は裁判を開かず裁判官が書類を読むだけで罰金刑を言い渡すことです。
検察官の取り調べ中に被疑者が同意すれば略式の罰金になります。

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA