森の熊さん著作権料詐欺師?「馬場祥弘」氏。ちょっと訴えたら炎上騒ぎで自爆か?

森の熊さんの権利関係の変遷が詐欺の臭い

「森の熊さん」
作詞者 馬場祥弘(訳詞)
作曲者 アメリカ民謡
編曲者 玉木宏樹

元々、1972年8月にNHK「みんなのうた」でダークダックスの歌で放送された曲でした。
その当時のNHKの番組プロデューサー後藤田純生氏が玉木宏樹氏が編曲を手がけました。

その時はアメリカ民謡で作詞作曲不明というテロップで放送されましたが、しばらくして、自分が作詞作曲したと言い出しだ人が出てきました。

アメリカ民謡なので、現代の日本人が作曲したとは考えずらいのですが、どういうわけかJASRACは権利を認めてしまったのでした。

その後15年ほどは権利を認められていましたが、作曲に関してはアメリカ民謡だということで権利が失われました。
日本語作詞の権利はいまだに持っています。

これについて玉木宏樹氏はかなり怒っていたらしく、生前こう記事を残しています。

実は私自身「森の熊さん」で著作権泥棒に編曲著作権を侵害された。
今回のケースと一緒で、作詞作曲不詳の曲を自分の作品だと言い張った泥棒を認めてしまった。

NHK「みんなのうた」のプロデューサーだった今は亡き後藤田氏が発掘して私が編曲したのだが、後藤田氏は「あの泥棒、今に見ておれ」の執念を発揮し、約15年後に原曲がアメリカ民謡である証拠をみつけJASRACにつきつけ、その泥棒の作曲の権利は剥奪されたが、作詞の権利は今でも泥棒に残っている

私は変だと言ったが、作詞もその人じゃないという証拠がなければ剥奪できないとJASRACは言った。

http://web.archive.org/web/20120715051807/http://www.archi-music.com/tamaki/copyright.html

著作の中でもこのようにあります。

 ・・・・・ディレクター氏からは、民間伝承の曲をちゃんと形にしたのは玉木ちゃんなんだからJASRACに編曲著作権を登録したほうがいいと勧められました。・・・・一応JASRACに届けを出してみたところ、但し書き付きで受理されました。

 その条件とは、もし作詞作曲者が現れたら、編曲権は消滅する、そしてその時点まで払われた使用料を遡って請求されたらその人に払う、といういささか不本意なものでしたが、私は応じました。まさかあんな曲(どうみても外国民謡風だということ)に作者が現れるとは思わなかったからなのです。ところが・・・・数年たったある日、突然作詞作曲者が現れたというのです。

 ・・・・・それから一年ほどたち、・・・・NHKのディレクター氏から電話がかかってきました。いわく、玉木ちゃんは突然現れたという作者に対して、疑義申し立てはしなかったのかと言うのです。
そんなことは思いつきもしなかった当方の素朴な疑問に対して、ディレクター氏は驚くべきことを告げました。
それによると、現れた作者というのは、実は前々からJASRAC関係では札つきの要注意人物で、作者不詳の曲に変に詳しく、かたっぱしからそれらを書きつづった大学ノートを見せては、人に「この曲の作者は自分だ」と触れまわっていたという、その世界では有名な人物で、毎回JASRACに登録しようとしては、門前払いにあっていたというのです。
大学ノートに書かれていたのはたしかに、ボーイスカウトなんかが歌いそうな民謡ジャンボリー風、作詞作曲者不詳のキャンプファイアソングみたいなものばかりだったらしい。
それでいつもいつも門前払いを食わされていたX氏はどうしたかというと、JASRACを飛び越え、なんと、文化庁へ直訴に及んでしまったのです。

 ・・・・文化庁長官からのお達しによって、輝かしくもX氏は「森の熊さん」の作詞作曲者として認知されたのでした。

玉木宏樹『贋作・盗作 音楽夜話』(2010年、北辰堂出版)より
「森のくまさん」の作詞者とされる馬場祥弘氏に関する疑惑 – Togetterまとめ

馬場祥弘氏の言い分

ネットで叩かれ炎上騒ぎに

概ね馬場氏批判のコメント


名無しさん
2017/01/19 10:56
写真が、くまさんっていうより、クマ!!って感じ

名無しさん
2017/01/19 11:07
こう言うのはちゃんと書面を交わすべき。
ただそれだけでしょ。

名無しさん
2017/01/19 11:37
ワイドショー情報だが、この方、以前は作詞作曲も自分がしたと言っていたらしいですね。

名無しさん
2017/01/19 12:30
まぁそれはそうなんだけど
作詞者も結構きな臭いなぁ、と思う

名無しさん
2017/01/19 11:41
JASRACが絡んでたことがないことになってるけど、ユニバーサルミュージックはJASRACを通じて著作権者に許諾を求めているよね。
で、著作権者は許諾を拒否してるのに発売に至ったということは、JASRACが勝手に許可をした可能性があるわけで、そこをまず追求しないとダメでしょ?って何故誰も言わないんだ?

名無しさん
2017/01/19 14:11
JASRACが仕事してないから問題じゃん。

名無しさん
2017/01/19 11:44
当該の件よりそもそも馬場氏が本当に訳詞者なのかが問題になってきたね。
もし、だったら、みんな知ってるだけに佐村河内よりインパクトあるな

名無しさん
2017/01/19 11:46
作詞作曲者が不明の森のくまさんのアメリカの原曲を、自分が作詞作曲したと主張してた馬場さん自身の方がよっぽど、作詞家・作曲家の権利を軽視してると思うけどな。

名無しさん
2017/01/19 11:34
権利者が存在しているのにCD化して販売した事が問題。ネタで済ませてれば見逃してもらえたかも?
嘉門達夫さんは、権利者と歌手にも許諾を得てたそうですよ。

名無しさん
2017/01/19 14:17
馬場って人、作者不詳のものを次々自分が作ったと言い張って、この曲も作詞作曲したと主張が通ったけど、その後、実はアメリカ民謡だったと。作詞も根拠がないらしい。
お寿司

名無しさん
2017/01/19 14:22
訳詞者の権利ってなんかあるようでないような気がするのは私だけでしょうか?

名無しさん
2017/01/19 14:41
よくわかんないけど他人の曲に自分で歌詞をくわえたら自分の曲にしてもいいって事?

名無しさん
2017/01/19 14:26
これくらい良いと思うけど、そんな訳にはいかないって事なんだろうね。

名無しさん
2017/01/19 14:16
記事より写真のインパクトが大きい。
もっと可愛らしいのなかったの???

名無しさん
2017/01/19 14:52
初めて聞いた時に、この曲著作権とか大丈夫なのかな?
って思ったけど予想通りの結果になってた。
ちゃんと手順踏まないと。
勝手にやったのは問題だが、耳に残る曲だったので少し
勿体ない気もする。

名無しさん
2017/01/19 14:07
替え歌はある意味文化でしょ。
ただしそれで金儲けはダメです。

名無しさん
2017/01/19 14:09
何らかの形で利益が分配されるのならいいけど、
あれはちょっとアウトだと思う。

名無しさん
2017/01/19 12:41
テレビやラジオやインターネットや営利目的だと処罰されると思う。個人で楽しむとか集落のカラオケの余興で楽しむだけなら法律には触れないと思います。

名無しさん
2017/01/19 14:26
この馬場って人も、元々は問題アリだったんでしょ?
本人が小学生の時に訳詞して合唱団で歌ってるんだよね
幾ら何でもヘンだよね
それを考えたら300万円の賠償金請求ってどうなの

この後の騒ぎは本人は予測していたのか?

この問題が広まったせいで、自身の過去の評判がクローズアップされてしまった結果になった。

本人の年齢72才と高齢なので、現在のネット環境、ブログやSNSで炎上することまで予測できなかったのかなと。

ネットでは怪しい人のように書かれているので、この先も叩かれるでしょうね。
本人凸する猛者も出ると思います。

タイトルに詐欺師?とありますが、詐欺師かな?違うかな?という意味で。このブログをみて名誉毀損で訴えないでください。
この記事の結論は「詐欺師かどうか分かりません」です。

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA