日本のトイレが高性能すぎて使い方が分からない→マークを国際標準化へ

一般社団法人 日本レストルーム工業会は、今まで各社でバラバラだったトイレの操作パネルのマークを標準化を図ることを決定しました。これからISO規格による国際標準化を目指します。
トイレ操作パネルの標準ピクトグラムを策定

それぞれの便座メーカーでオリジナルのピクトグラムを採用していましたが、外国人旅行者から操作が分かりづらいという指摘がありました。

そこで日本レストルーム工業会(日本のトイレ空間の質の向上に取り組む一般社団法人・会長はTOTOの人)が操作方法の絵文字を統一しようということになって、平成29年1月17日に発表したわけです。

そもそもこのような団体があったことすら知りませんでした。

座る高さとか、深く座る人と浅く座る人の割合とか、シャワーの勢いはどのぐらいにするとよく汚れが落ちるかとか、いろいろ研究しているんでしょうね。

個人的には、長いう○こが一発で流れないので、それをどうにかして欲しいです。

統一されたマーク

私は流水の大と小はちょっと分かりづらい気がします。
一般家庭用トイレでは、日本語の方がお年寄りは分かりやすいでしょう。

それに、うちのトイレは点字も付いています。
点字は日本語になっているので、これはどうするんでしょう?

国内主要メーカー9社の2017年以降の新商品にはこのマークが採用される予定です。
首都圏の公共のトイレはオリンピックまでに段々と更新されていくと思われます。
いざ使うときに迷わないように覚えておきましょう。

国際標準化は進む

昨年は国土地理院が地図記号を外国人旅行者に分かる国際的なものに変更しました。
これも2020年の東京オリンピックに向けての動きの一つです。
これからも外人にも分かりやすいマークにもっと変わっていく流れは進むでしょう。

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA