新型コロナウイルスで定期総会・定時株主総会が中止になってサッパリした人

新型コロナウイルスの感染防止で定期総会・定時株主総会に参加したくない人

新年度になると、子どもの新学期と共に気になるのが、いろんな団体の定期総会。

5月ぐらいに行われる事が多いと思います。

でも、その頃までに新型コロナウイルスが収束しているかは疑問。

「このご時世、そんな人が集まる会議には出たくない!」と思うのは私だけでしょうか?

各自治体は総会の開会中止と書面での委任決議をお願いしている

google検索しても、各自治体HPには、町内会・自治会の定期総会は、書面での委任決議を勧めています。

そして、総会中止をお知らせする手紙の雛形もダウンロードできて、とても親切になっています。

 

定時株主総会の中止・延期の方法

町内会の総会ぐらいならば、中止したところでたいしたことは無いのですが、会社の株主総会ともなると、簡単に中止にしてもよいのでしょうか?

定時株主総会の延期について

法務省のサイトによると

今般の新型コロナウイルス感染症に関連し,定款で定めた時期に定時株主総会を開催することができない状況が生じた場合には,その状況が解消された後合理的な期間内に定時株主総会を開催すれば足りるものと考えられます。

とあります。

法務省はウイルス活動が収束するまで開催を延ばすことは可能だ、という見解です。

同じく、以下のようにあり

なお,会社法は,株式会社の定時株主総会は,毎事業年度の終了後一定の時期に招集しなければならないと規定していますが(会社法第296条第1項),事業年度の終了後3か月以内に定時株主総会を開催することを求めているわけではありません。

会社法第296条第1項では、「毎事業年度の終了後、一定の時期に」とあり、「会社決算後3ヶ月以内」とは明文化されていません。

通例として3ヵ月以内に行われてるだけのことです。

法務省:定時株主総会の開催について

http://www.moj.go.jp/MINJI/minji07_00021.html

定時株主総会延期で影響を受ける申告手続き・納付期限の延長

「株主総会の開催が遅れる場合の消費税の申告等の期限延長」など。

社員が出社できずに申告書の作成ができないなどの理由により申告・納付等が困難であれば、個別申請により期限延長は可能

新型コロナウイルス感染症の影響で定時株主総会が開催できない場合の申告は? 国税庁 | 税務情報

https://tax.mykomon.com/daily_contents_50088.html

このように各自治体・法務局・税務署に相談して申請すれば対応してくれるようです。

中止じゃないけど「バーチャル株主総会」だと会場に行かなくていい

通産省のサイトでは、インターネットでの総会出席を進める事業があり、「バーチャル株主総会」といいます。

厳密にいうと「中止」とは違いますが、会場へ行くことを「止める」ことができます。

この制度を使うと、密閉した空間に密集した人混みで長時間過ごす必要はなくなります。

ハイブリッド型バーチャル株主総会とは、リアル株主総会を開催しつつ、当該リアル株主総会の場に在所しない株主についても、インターネット等の手段を用いて遠隔地からこれに参加または出席することを許容する株主総会をいいます。

「ハイブリッド型バーチャル株主総会の実施ガイド」を策定しました (METI/経済産業省)

https://www.meti.go.jp/press/2019/02/20200226001/20200226001.html

バーチャル株主総会の会社

グリー株式会社
国内初のバーチャル株主総会を実施 | 導入事例 | Jストリーム

株式会社ブイキューブ
ハイブリッド型バーチャル株主総会の実現・サービス化に向けた第20期定時株主総会における新機能の試験的導入に関するお知らせ|株式会社ブイキューブのプレスリリース

富士ソフト
20200313_富士ソフト_株主総会

まとめ

出なくてもいい会議は出ない。

「不要不急の会議は欠席します」

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA