リレーアタックを防ぐ誰でもできる簡単な対策方法

最近はキーレスエントリーの車が多くなりましたね。
いちいちカバンから鍵を取り出さずに解錠できるので非常に便利ですが、その機能を逆手にとって車を不正に解錠して盗難する被害がヨーロッパで増え、最近は日本でも見られる様になりました。
まだメーカーでも有効な盗難防止の方法は実証されていませんが、我々ドライバー側で出来る簡単な対策で「リレーアタック」されないように出来るのでご紹介します。

家での対策1、玄関にキーを置かない

家に帰ってから車のキーはどこに置きますか?

玄関に置いている人が多いのではないですか?
我が家でも車のキーは玄関の決まったフックにぶら下げる決まりになっています。
そうすると、玄関先で窃盗犯が電波を受信して車を盗んでしまうかもしれませんよ。

家での対策2、電波を遮断するケースに入れる

でも、玄関にキーを置くのが便利ですよね。
それでは、電波を外に漏らさないようにすればいいのです。
具体的には、金属製の容器にキーを入れると電波が外に漏れません。

対策として考えられる簡単な方法
1、金属の缶に入れてフタをしておく
家にある何でもいいので金属の缶にキーを保管しましょう。
2、市販の電波遮断ケースに入れておく
携帯電話を圏外にするポーチなどが楽天市場などで300円くらいで売っているので、それを使うのもいいでしょう。
後で書く外出時の対策としても使えます。
3、アルミホイルで巻く
テレビで紹介されていましたが、かっこ悪いし何回も繰り返してると破けますよね。カンに入れる方が無難でしょう。
でも家にある材料で対策できますと紹介されていました。
4、ちょっと高いけどキーボックスに入れる
楽天で4000円くらいで売ってる、壁掛け式の金属のキーボックスを使う。
家にある鍵を一括管理できるのが利点でしょうか。

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA