ビットコイン再暴騰。2月28日にハードフォーク予定、ビットコインプライベート(BTCP)の影響か?

ビットコインが値上がり傾向へ


ビットコインが2月15日の7時は98万円ほどでしたが、18時には最高値106万円まで上がり、その後も104~5万円をキープしています。

2月28日にハードフォーク予定のビットコインプライベート(BTCP)を見据えての買いが入っているのでしょうか。

今回のハードフォークでは、ビットコインとZclassic(ZCL)が合体したコインが生まれます。

今のビットコインは匿名性がありません。
逆に、Zclassic(ZCL)は匿名性がある仮想通貨です。

この二つの特徴を一緒にした新しい仮想通貨を作るのが、今回のハードフォークの目的です。

ビットコインプライベート(BTCP)をもらう方法は

ハードフォークになると、持っている「ビットコイン」1に対して、新しい「ビットコインプライベート(BTCP)」が1貰え、持っている「Zclassic(ZCL)」1に対しても、新しい「ビットコインプライベート(BTCP)」が1貰える。

全部で2000万BTCPが配布されるイベントです。

ビットコインより安いZclassic(ZCL)を大量買いしておけばいいんですが、Zclassic(ZCL)は日本の取引所では扱っていないんですよね。

日本人が簡単にビットコインプライベート(BTCP)をもらう方法は、ビットコインを購入することです。

その為には取引所に口座を持たないといけません。

今のおすすめは、マイナス手数料のザイフです!

ザイフのマイナス手数料というのは、普通は取引をするとお客が手数料を取られるんですが、逆に手数料を貰えるという、訳分からん制度です。
デメリットは本当に無くて、ビットコインを買ったり売ったりするだけで、数%の現金で口座に入金されます。

ぜひまだ口座を持っていない人はこの機会に口座開設をおすすめします!


ザイフの口座を作るにはこちらをタップ

今後の仮想通貨はどうなる?

コインチェックのハッキング問題と、ビットコインの暴落が重なり、世の中では「仮想通貨バブルは弾けて、もう終わった」という空気感を感じます。

でも、ブロックチェーンの仕組みを上回る技術がでない限り、今のところはまだ、仮想通貨は続いていくでしょう。

むしろ、日常的に使いやすくなる方向に向かうと思います。

お店の支払いが徐々に対応されてきましたし、ニュースでも注目されましたが、消費者がビットコインをウォレットに入金する行為が日常化しないと、全国民に普及とはいかないでしょう。

まだまだ投機対象でイケる

まだ、みんなお金儲けのために取引所でレバレッジを掛けてFX取引をして、結局損してるみたいですね。

株や為替の取引と同じようでも、流れが違ったりします。

仮想通貨の取引のコツがやはりあるようです。

まるっきり知らずに手を出すより、知識と経験を蓄えてからの方が、大損を回避できるはずです。

仮想通貨取引の特典付きレビュー

基本的な知識はこの教材で十分網羅されています。
リンク先のレオンさんのレビューが分かりやすいので、自分に本当に必要かの判断が出来ます。

そのHPから購入すると、教材には足りない、レオンさんオリジナルの知識や経験を特典として教えてくれます。
私もレオンさんから購入して、立ち回りを覚えました。
詳しくはリンク先のレビューを読んで下さい。
ビットコインマスタークラブ

ビットコインで不労所得稼ぎ!!
ビットコインマスタークラブ(BMC)独占レビュー 限定特典付

もしも、FXの立ち回り方を覚えたらビットコインの値段の上がり下がりの両方で利益を出せます。
FX取引だと、値上がりする前に買って、値あがったら売る、値下がりする前にビットコインを持っていないけど売ったことにして、値下がった後に買い戻すという往復の利幅が取れます。

うまく説明出来ないですけど、このデジタル本を売っている中村さんのHPを見ると、「あーそうか」と納得してもらえると思います。
ビットコインFX

今から仮想通貨バブルに乗る方法
ビットコインFX

もしも、自分に対する投資と思って、買って読む価値があると思ったら買ってみてください。

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA