スノーボード男子ハーフパイプ 戸塚優斗選手が怪我をして担架で運ばれる

戸塚優斗選手

戸塚優斗選手が最初のジャンプ後、着地に失敗し転倒しました。
自力で起き上がる事が出来ません。
タンカで運ばれる事態になりました。

その後の3回目の競技は棄権し、結果は11位で終わりました。

戸塚優斗選手負傷、その後の様子

まだ腰が痛いということですが、骨折も無く、大事にはいたりませんでした。
よかったです。

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA